クイックルワイパーと100均フロアワイパー どちらを使うべきか比較してみた

手軽に床清掃ができるフロアワイパーは、様々なメーカーで販売されています。

その中で有名どころは花王の「クイックルワイパー」ですが、多くの人が下のような疑問を持っているのではないでしょうか?

ハムスター

クイックルワイパーと100均のフロアワイパーはどっちの方がコスパ良いのかな?

今回は、「クイックルワイパー」と「100均のフロアワイパー」のどちらを購入するべきかを「価格面」と「使い勝手」の観点から考えました。

先に簡潔に結論を書いておきますが、「クイックルワイパー+100均シート」がコスパ最強かと思います。

その理由を以下に紹介します。

クイックルワイパーと100均フロアワイパーの価格差

クイックルワイパーの本体価格ですが、Amazonで約1300円で販売しています。(2022年10月時点)

クイックル
¥1,273 (2022/11/29 01:39時点 | Amazon調べ)

対して、100均フロアワイパーは220円〜330円で購入することができます。

▼ダイソーのフローリングワイパーは330円

 

▼セリアはワイパーとスティックがそれぞれ110円で合計220円。

 

上記より、100円ショップでワイパー本体を購入すれば、クイックルワイパーより1000円程度安く購入が可能であることがわかりました。

続いては、ワイパー本体の使い勝手を比較します。

クイックルワイパーと100均フロアワイパーの使い勝手

クイックルワイパーと100均フロアワイパーの両方を使用してみたところ、クイックルワイパーの方が以下の3点で優れていると感じました。

クイックルワイパーが優れている点
  • ゴミが内側に入り込みやすい
  • 立てかけられる
  • スティックが長いので広範囲に届く

それぞれの内容について詳しくみてみましょう。

ゴミが内側に入り込みやすい

クイックルワイパーの最大の強みは「立体吸着POWERヘッド」です。

立体カーブ構造により、ヘッド全面で汚れを絡みとってくれます。

対して、100均は下図のような平らなヘッドなので、ゴミが内側に入らずにヘッド周辺にゴミが溜まりやすくなります。

実際に使用してもらえれば、クイックルワイパーの方がヘッド全体でゴミを絡み取ってくれていることは容易に実感することが可能です。

立てかけられる

クイックルワイパーは、先端が滑りにくいラバー素材になっており、壁に立てかけても倒れにくいです。

100均だと、滑りやすいプラ部品なので、壁への立てかけには向いていません。

棒が長く、広範囲に届く

クイックルワイパーは全長110cmですが、100均のフロアワイパーは90cm程度の短いものがあります。

ハムスター

短めのフロアワイパーだと、ソファーの下とかで届かなかったりして辛いよね、、

クイックルワイパーの110cmという長さは絶妙だと思います。広範囲を清掃できますが、長すぎず、使い勝手がしっかり考慮されていると感じました。

ちなみに、ダイソーの330円フロアワイパーの長さは108cmです。クイックルワイパーとほぼ同じ長さなのでおすすめです。

シートの価格差と使い勝手

続いては、シートを比較します。クイックルワイパーと100均のシートの価格差を見てみます。

クイックルワイパーの立体吸着ウェットタイプは16枚で578円なので、1枚あたり約36円となります。※2022年9月時点

対して、セリアの30枚入りタイプは1枚あたり約4円となります。

 

ネコ

これはかなり大きな差だね!クイックルワイパーのウェットシートは100均よりも10倍近く高い!

ハムスター

クイックルワイパーのシートは大事に使わなきゃいけないね!!

続いてドライシートは、クイックルワイパーが40枚で400円です。1枚あたり約10円となります。※2022年10月時点

 

対して、セリアでは30枚入りのドライタイプのシートが販売されています。1枚あたり約4円です。

ネコ

ドライタイプも価格差が大きいね。100円ショップの方が断然安い!

シートの使い勝手

次に、それぞれのシートの使い勝手について紹介します。

結論を先に書くと、クイックルワイパーの方が汚れやゴミをしっかり取ってくれます。

今回はこちらのストロングタイプを使ってみました。

ネコ

このストロングタイプのウェットシートは、クイックルワイパー本体を購入すると1枚おまけでついてくるよ!

開封してみると、とてもウェットであり、若干泡立ちしています。

ハムスター

これは!こべりついた汚れもしっかり取ってくれそうだね!

また、表面に凹凸があり、髪の毛や埃などをしっかり絡みとってくれます。(実物の写真は汚いので載せるのは控えておきます。)

 

対して、100均のウェットシートは、水の染み込み具合はいい感じですが、表面が平らなのでゴミを絡みとる点ではクイックルワイパーのシートの方が長けています。

また、ドライタイプも同じようにクイックワイパーの方がシートの厚みがあり、立体構造シートにより髪の毛や埃をしっかり絡みとってくれました。

結論:お勧めは「クイックルワイパー」+「100均シート」の組み合わせ

ということで、ワイパー本体とシートの価格面/使い勝手を比較してみました。

まず、ワイパー本体はクイックルワイパーを購入した方が良いです。価格差は約1,000円ありますが、「立体吸着POWERヘッド」は1,000円以上に魅力的です。ここをケチるのは損だと考えました

シートに関しては、用途によって使い分けるのがベストです。

例えば、掃除機がけの後に使用するなら100均で十分です。ゴミの量も少ないし、100均のシートでも十分綺麗にすることが可能です。

逆に、掃除機をかけずに使用する人はクイックルワイパーのシートを使うべきです。特に、クイックルワイパーのドライシートは埃をしっかり絡みとることができます。

ただし、1枚あたりの金額は100均と比較すると4〜7倍と高く、コスパはかなり悪くなります。

ちなみに、油汚れなどの頑固な汚れは、ワイパーでなはなく手でゴシゴシ拭き取った方が良いです。モップは力が入らないので、たとえ高価なシートを購入しても綺麗には拭き取れないことが多いです。

ハムスター

クイックルワイパーのシートは強力だけど、流石に手で拭き取る力には負けるよね、、

それでは、最後にまとめておきます。是非参考にしてみてください。

場面本体シート
掃除機がけの後に使用する場合クイックルワイパー100均
掃除機がけせずに使用する場合クイックルワイパー100均orクイックルワイパー
こべりついた汚れに使用する場合手で拭き取る!100均

コスパ観点で考えると、クイックルワイパー本体+100均シートが最強です。

とりあえず、クイックルワイパーの本体を買って、100均のシートで十分かどうかを様子見するのがベストだと考えます。

クイックル
¥1,273 (2022/11/29 01:39時点 | Amazon調べ)